新しい診療治療法

2017.11.14更新

犬や猫の扁平上皮癌は、皮膚や口腔内、特に高齢化した動物に多く見られます。
外科手術や放射線治療で治療できれば、それにこしたことはありませんが、全身麻酔下でおこなう必要があり、体に受けるダメージも部位によっては、大きいものがあります。
では、内科的な治療法はないのでしょうか。
時代の進歩とともに注射薬、内服薬、外用薬が選択肢として表れました。
①注射薬
ルペオール注射液
癌細胞の核内遺伝子NF-kBに働き、癌による炎症疼痛を抑える働きをします
ビタミンA注射液
未熟な扁平上皮の癌細胞を角化させる働きをします。

②内服薬
Palladia(トセラニブ)
チロシンキナーゼと呼ばれる細胞分裂に働く信号をブロックすることにより、扁平上皮癌細胞を縮小させます。
ピロキシカム
本来非ステロイド系抗炎症剤でありますが、プロスタグランディンE2という炎症物質であり、免疫抑制物質を抑制することにより癌細胞の増殖を抑制します。

③外用薬
セラミド
本来化粧品にも使用される皮膚のうるおい成分でもありますが、癌細胞をアポトーシス(死亡させること)させる作用があることが近年発見されました。
皮膚表面だけでなく、口腔内にも使用できます。現在、当院では犬と猫の口腔内扁平上皮癌に使用しております。

これらの治療法についての質問、お問合せは院長、獣医師東條がうけたまわります。お気軽にお電話ください。
院長不在の際は、こちらからご連絡させていただきます。

投稿者: 長居動物病院

2017.11.14更新

犬の乳腺腫瘍の約50%が悪性であり、そのうちの約半分つまり全体から見ると約25%がリンパ節、肺、脳などに転移するきわめて悪性度の高い乳腺癌と言われているものです。
これまでは、有効な抗癌剤はなく、はっきり申し上げてお手上げの状態でした。
しかし、最近、海外文献より人間の糖尿病治療に使用し、約50年の歴史のあるメトホルミンという薬が犬の乳腺癌に反応し、縮小することが判明しました。メトホルミンは血糖値を下げる力はマイルドで低血糖になることはまずありません。
この薬は乳腺癌細胞の増殖を抑え完治を目指すものではなく、共生をめざすものです。しかし、すべての症例に効果があるとは限りませんので、まず1か月間内服してみてください。反応すれば、乳癌が小さくなっていくのが実感できると思います。

これらの治療法についての質問、お問合せは院長、獣医師東條がうけたまわります。お気軽にお電話ください。
院長不在の際は、こちらからご連絡させていただきます。

投稿者: 長居動物病院

2017.11.14更新

老犬に多い悪性メラノーマは、口腔内や爪に発生するものが多く、発見された時には既に肺やリンパ節、脳などに転移しています。外科手術や放射線、抗癌剤などにより治療しますが、体にうけるダメージが大きく、飼い主さんや老犬にとってつらいものがあります。
そこで当院ではその他の治療選択肢として、次のオプションがあります。
これらの治療法は、悪性メラノーマが患者さんの免疫力によって、コントロールされるという背景に基づいています。

①患者さんの免疫力をアップさせる方法
・犬のインターフェロン(インターDOG)
・丸山ワクチン(アンサー、ゼリア新薬工業)
・シメチンジン(本来胃潰瘍の薬であるが、免疫調節作用を持つ)

②患者さんの免疫にかかているブレーキをはずす薬(人では、オプジーボが有名になりました)
・Plladia(トセラニブ)という分子標的薬
・ピロキスカム(非ステロイド系抗炎症薬だが、プロスタグランディンE2を抑えて転移を抑制する)
・ルペオール注射(悪性腫瘍におけるNF-kB)と呼ばれる細胞核内の炎症を引き起こしている分子を抑える働きをする。
・stiripentol(スチリペントール、人の小児科における抗てんかん薬)乳酸脱水素酵素阻害剤、メラノーマでは乳酸が免疫細胞の侵入を阻害するので、これをブロックする薬です。

これらの治療は単独で行うものではなく、各種組み合わせて治療いたします。
これらの治療法についての質問、お問合せは院長、獣医師東條がうけたまわります。お気軽にお電話ください。
院長不在の際は、こちらからご連絡させていただきます。

投稿者: 長居動物病院

2017.08.01更新

扁平上皮癌は、最近、分子標的剤のトセラニブや非ステロイド系の抗炎症剤により、コントロールが少しずつできるようになりました。

これらの内服薬に加えて、医療用コラーゲンの内服や化粧品などに使われるグリコシルセラミドにより、上皮系腫瘍細胞がアポトーシスという細胞の自殺スイッチが入り、縮小するという新たな治験がみられるようになりました。

ご興味のある方は、お電話してください。

なお、この治療に関しては、院長が承ります。

投稿者: 長居動物病院

2017.02.21更新

放射線治療は、照射した部位に留まらず、転移巣など離れた病巣に対しても効果を発揮し、がんが縮小や消滅することが以前から知られていました。

これを「アブスコパル効果」というのですが、放射線の専門医でもほとんど遭遇したことがないほど発生頻度が低いのが現状でありました。

その後、腫瘍免疫学の研究が進み、放射線をがんに照射するとがん細胞が死に、死んだがん細胞から免疫の刺激作用があるタンパクやがん抗原などが放出されることがわかりました。

その物質をマクロファージや樹状細胞が吸収し、腫瘍を特異的に攻撃する細胞障害性Tリンパ球が遠隔転移のがん細胞も攻撃します。これが「アブスコパル効果」のメカニズムと考えられています。

放射線治療と免疫療法で「アブスコパル効果」が起こるのは、2つの理由が考えられます。

①弱かった免疫を補完して免疫を高める。

②免疫を抑制しているブレーキを外して、免疫が働くようにする。

当院では、①に対しては、α‐ガラクシドセラミド感作樹状細胞とγδT腫瘍攻撃型リンパ球静脈点滴治療に加えて、犬インターフェロンと丸山ワクチンの混合皮下注射治療法

②に対しては、人間のオプジーボの代わりに、トセラニブ(palladia)と呼ばれる分子標的薬やピロキシカムという、抗腫瘍性抗炎症剤と免疫調節作用のあるシメチジンやDHA&EPAなどの抗腫瘍性ω3脂肪酸を処方しています。

【適応腫瘍症例】

1、外科切除不可の肺がん

2、外科切除不可の肝細胞がん

3、外科切除不可の副腎がん

4、外科切除不可の脳腫瘍

5、外科切除不可の腎がん

6、治療に反応しない膀胱がんや前立腺がん

7、全身転移を起こした悪性腫瘍

などを想定しています。

 

放射線治療が最後の砦と言われる時代は終わりました。大学病院やセンター病院で放射線治療を受ける予定の飼い主さんは、是非その前に採血し、自身の樹状細胞やリンパ球を培養しておくことをおすすめします。

放射線治療後は、必ず一時的に白血球数が減り、免疫がダウンします。

なお、この治療に関しては、院長が承っております。

詳しくはお電話にてお尋ねください。院長不在の時はこちらからご連絡させて頂きます。

投稿者: 長居動物病院

2017.01.13更新

バーニーズマウンテンドックやフラットコーティッドレトリバーなどに多い悪性組織球肉腫は、樹状細胞と呼ばれる自己の免疫細胞が腫瘍化し、全身に転移を起こす極めて悪性度が高い腫瘍であります。

現在のところ、CCNUと呼ばれる抗がん剤が主たる治療で3週間に1回の投薬が行われております。しかし、非常に短期間で薬剤耐性が起こります。

そこで、当院ではトセラニブと言われる分子標的薬とステロイド剤の併用により、大きくなった腫瘍塊を小さくし、その上でガンマTリンパ球と呼ばれる殺腫瘍性の高い免疫細胞を患畜さんの血液より培養し、点滴にて体に戻す治療を行っております。

この治療に関しては院長にお問い合わせください。

院長不在の時には折り返しお電話させて頂きます。

投稿者: 長居動物病院

2016.12.13更新

現在のところの標準治療は、ピロキシカムと呼ばれる非ステロイド系抗炎症剤を1日おきに内服させることと、ミトキサントロンと呼ばれる抗がん剤を約3週間に1回繰り返し点滴静注させる治療法となっております。

しかし、中には治療に対する反応の悪い症例もあります。

そこで、当院では、ルペオールと呼ばれる植物性由来の天然成分を油性注射液にしたものを週1回皮下注射することと、イペットSと呼ばれる抗がんサプリを毎日内服させる治療法を併用しております。

この治療については、院長にお尋ねください。

院長不在の際は、こちらからお電話します。

 

投稿者: 長居動物病院

2016.12.13更新

COP、COAP、UW19、UW25と呼ばれる一連の抗がん剤の組み合わせによる治療により、体表および体腔内の腫瘍化したリンパ節は、ほぼ元通りの大きさになります。

しかし、治療終了後、そのまま放置すると抗がん剤に耐性のできたBリンパ腫の腫瘍残存病変により、再び元の状態より深刻化した状態になってしまいます。

アメリカでも抗がん剤のみでは、根治は無理とされております。

そこで、当院では、腫瘍化したリンパ節が小さくなっているうちに、患者さんより約10~20ml採血し、そこからα‐ガラクトシルセラミド感作樹状細胞(免疫の司令官)とガンマデルタTリンパ球(腫瘍細胞殺戮する特殊部隊)を培養し、約2週間後に患者さんに静脈点滴する治療を最低2回繰り返すことを行っております。

この治療については、院長にお尋ねください。

院長不在の際は、こちらからお電話します。

投稿者: 長居動物病院

2016.11.15更新

現時点において、CT・MRIなどの画像診断技術の急速な進歩により、約10年前までほとんどブラックボックス状態であった犬の脳腫瘍がある程度、腫瘍の種類まで判別できるようになりました。

治療としては、外科手術適用の髄膜腫、その他の原発性あるいは転移性の脳腫瘍については放射線治療が主体となっております。

しかしながら、これらの治療は大掛かりで全国でも施設は限られており、衰弱した高齢犬に麻酔をかけるので、体力的に無理と思われる症例も多数あります。

脳腫瘍は、硬い頭蓋骨に囲まれたところに発生するので、容易に脳の圧迫を起こし、浮腫が生じ、けいれん発作を誘発します。

そこで、当院では浮腫を軽減するため、ステロイド剤を用いた上で第4番目の腫瘍治療と言われるがん免疫療法(樹状細胞とγδTリンパ球を静脈点滴する治療)を行っております。

詳細については、お電話にてお問い合わせください。

院長不在の時にはこちらからお電話させて頂きます。

投稿者: 長居動物病院

2016.11.15更新

術前胸部レントゲンやCT撮影時に悪性乳腺腫瘍の肺転移が判明した場合、獣医さんから外科手術は無理だ、あと数か月の命と宣告される症例は少なからず見うけられます。

でも、飼い主さんは諦めきれず、高額なサプリメントをインターネットなどで購入し、愛犬に与えているのを散見致します。しかし、時代の進歩と共に、ある程度内服薬でコントロールができるようになりました。

詳細については、お電話にてお問い合わせください。

院長不在の時にはこちらからお電話させて頂きます。

【使用薬剤名】

・パラディア®(トセラニブ)

・シクロフォスファミド(メトロノーム治療)

・ピロキシカム

・シメチジン

・PEDHA+EPA550カプセル

・LPS錠 など

 

投稿者: 長居動物病院

前へ

長居動物病院 電話番号06-6693-4801

nagai-animal-hospital_21.jpg

アプリダウンロード Androidアプリダウンロード iPhone

アプリダウンロード Android アプリダウンロード iPhone

診療時間/アクセス新しい診療治療法長居動物病院Blog長居動物病院うさぎとカメ専門サイト