新しい診療治療法

2012.04.03更新

悪性黒色腫(メラノーマ)ってどんな病気?
悪性黒色腫(メラノーマ)とは皮膚にできる悪性腫瘍で、とくに口腔内や爪床(爪の付け根)にできるものは悪性度が高いとされます。

治療法は?
外科手術による切除、抗がん剤投与、放射線照射といった治療法があります。しかし、悪性度が高い口腔内や爪床のメラノーマでは、発見時すでにリンパ節や肺にがん細胞が転移していることが多いため、根治(完治)することは困難です。
そこで当院では従来の手術による切除と抗がん剤(プラチナ製剤)による化学療法に加え、インターフェロン・がんワクチンを用いた免疫療法を併せて行うことで、副作用もほとんどみられずとても良い治療成績をあげています。

投稿者: 長居動物病院

2012.04.02更新

猫の口内炎は難治性のものが多く、原因としては、歯石などの歯の汚れのほかウイルス感染や自己免疫疾患などがあげられます。

治療は対症療法(症状を抑えるだけの治療)となることが多く、対症療法として用いられるステロイド剤の副作用が心配されます。

そこで今回、とくに自己免疫性の口内炎に対し、ルペオールと呼ばれる植物由来成分のお薬を皮下注射したところ、約2週間口内炎の痛みを軽減できることがわかりました。もちろん、ルペオールはステロイド剤のような副作用の心配はありません。

くわしくは、お電話にてお問い合わせください。

投稿者: 長居動物病院

2012.04.01更新

骨肉腫は、断脚後高率に肺や他の臓器に転移し、ほとんどの症例は1年以内に死亡してしまいます。

当院では、肺転移の病変をできるだけ大きくならないよう、名古屋大学医学部の協力を得て、リポゾームという脂質膜の中に IL-2と呼ばれる抗腫瘍サイトカインを閉じ込め、ネフライザーという家庭でも使用できる装置を用い、鼻や口から吸引させ肺の免疫細胞を活性化し、 癌の転移を極力抑える治療を行っています。

さらに、新たにラパマイシン(rapamycin)という人の骨肉腫の治療に用いられている分子標的剤の内服薬をスイスより輸入し、 上記治療と合わせて投薬し、治療成績の向上に努めております。

2年以上元気に生存した症例もありますので、是非院長にお問い合わせください。

投稿者: 長居動物病院

2012.03.31更新

2009年7月より、高齢で全身状態の悪い犬や猫の乳癌など悪性腫瘍に対する治験薬ができました。
一週間に2回、total4回の皮下注射で効果を判定します。予備テストでは症状の改善が認められました。
有料ですが、試してみたい方がいらっしゃいましたらご連絡ください。

投稿者: 長居動物病院

2012.03.29更新

骨肉腫などの骨の悪性腫瘍、頭部や口腔内に発生し骨を侵食する扁平上皮癌、そのほか多発性骨髄腫、前立腺癌、乳腺癌、膀胱癌、肛門嚢アポクリン腺癌など、 骨に転移し、病的骨折や疼痛を生み出す悪性癌に対し、良い治療薬が出来ました。

人間ではすでに実用化されている静脈注射用アミノビスホスホネート製剤という薬で、抗癌剤や経口鎮痛薬と組み合わせて投与することにより、骨の破壊を抑え、疼痛を緩和します。

投与回数は1ヵ月に1回の静脈点滴で、基本的にその日のうちに治療は完了します。
犬・猫ともに治療できます。
治療希望の方は電話でご予約ください。

投稿者: 長居動物病院

2012.03.27更新

癌の再発・転移の阻止を目的とした犬と猫の癌ワクチンが、オーダーメイドで作製できるようになりました。

癌ワクチン作製には、摘出した腫瘍組織のホルマリン標本と、病理組織診断書が必要です。

ある種の癌(特に犬と猫の乳腺癌・耳垢腺癌)には、良い治療成績が出ています。
抗癌剤が有効な癌は限られており、さまざまな副作用も伴います。
癌ワクチンは現在のところ、重篤な副作用は見られません。
お気軽にお問い合わせください。

地方出張のご相談も承ります。

投稿者: 長居動物病院

2012.03.24更新

2010年5月より、犬の皮下脂肪細胞から神経細胞に分化させて静脈点滴で戻す治療試験を開始しました。

予備治療試験のため、10頭限定で、費用は税込¥21,000で行います。
(全身麻酔下での皮下脂肪採集、細胞培養、培養細胞の点滴静注)
条件として、下記二点を満たすワンちゃんを選びたいと思います。

1.一年以内に椎間板ヘルニア等で後躯麻痺になった
2.比較的若く(できるだけ10歳まで)元気食欲があり、癌や内臓疾患がない

担当は院長獣医師東條雅彦が承ります。院長不在の時は、病院から連絡させていただきます。
ご協力宜しくお願い致します。

投稿者: 長居動物病院

2012.03.22更新

猫伝染性腹膜炎(Fip)という疾患は、猫コロナウイルスが血液中のマクロファージと呼ばれる免疫細胞に感染し、この細胞を活性化暴走させ、全身性の血管炎を引き起こし、 肉芽腫と呼ばれる結節病変が内臓表面にぶつぶつと出来たり、血管から漏れ出した粘稠性の高い高蛋白の液体が胸腔内や腹腔内に貯留する、消耗性の疾患です。

難治性の病気ではありますが、この暴走したマクロファージの動きを止める新薬が発売されました。

二週間に一回の静脈注射でOKです。点滴や各種ビタミン剤、抗生物質、ネコインターフェロンと併用もできます。諦める前にぜひ一度お試しください。
治療は院長が承ります。院長不在の時にはこちらからお電話致します。

投稿者: 長居動物病院

前へ

長居動物病院 電話番号06-6693-4801

nagai-animal-hospital_21.jpg

アプリダウンロード Androidアプリダウンロード iPhone

アプリダウンロード Android アプリダウンロード iPhone

診療時間/アクセス新しい診療治療法長居動物病院Blog長居動物病院うさぎとカメ専門サイト